ミスしないための薄毛治療!くまなく調べるプロペシアの色々

プロペシアの特性


【プロペシアを使用する前に知っておきたいこと】
薄毛を治療できる飲み薬として、医師が初めて処方する薬ですが、いくつか知っておくべきポイントがあります。
まず、「服用期間」です。
半年ほどで効果が現れると言われていますが、しっかりとした効果を期待するのであれば、最低でも1年服用を続ける必要があります。
飲んだり飲まなかったりでは良い効果は期待できず、毎日飲み続ける必要があります。
次にかかる薬代です。
保険が利かないので、1錠は250円かかります。
単純計算で、年間少なくとも90000円は必要になります。
他にも診察料などかかる費用を考えると薄毛治療のためとはいえ、かなり高額な費用が掛かります。

【プロペシアの効果】
薄毛治療成分:フィナステリドが0.2/1.0mgの割合で含有されています。
男性ホルモンが「5α-還元酵素」によって変化されてしまい「DHT」と呼ばれる悪玉男性ホルモンになってしまうことで、脱毛症の症状が起こります。
この成分フィナステリドは酵素を阻害して、頭皮内のDHTを減らす効果があります。
なので、
・脱毛症の改善
・症状の進行を遅滞
などの効果が期待できます。
ここで知っておくべきことは、「フィナステリドの有効性」です。
効果が期待できるのは全体の75%と言われています。
これはかなり期待していい数字のようにも思えますが、考えなければならにのは残りの25%です。
残りの人はいくら服用を続けても、効果は期待できません。
これを考えると値段のこともあるので、慎重に選択すべきです。

【男性にとっては死活問題な副作用】
・リビドー減退
・ED
これは誰にでも起こる可能性があり、約10%の人に現れると言われています。
確率は低いですが、現れる人には現れます。
しかも男性は思い込みやすいです。
副作用のことを考え過ぎてしまうと、思い込みでEDになることもあります。
なので「なったらなった」くらいの気持ちでいないと、辛い経験をしてしまうかも知れませんよ。
薄毛治療のプロペシアについてお話してきましたが、これらの事を十分に理解した上で服用を検討してみて下さい。